読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なみひらブログ

学んだことを日々記録する。~ since 2012/06/24 ~

Amazonの経営方針

以下の本に、Amazonの経営哲学が書いてあったので、メモっときます。

ワンクリック ジェフ・ベゾス率いるAMAZONの隆盛

ワンクリック ジェフ・ベゾス率いるAMAZONの隆盛

徹底的な顧客第一主義

徹底的にユーザ利便性を求めたサイト/サービスを目指す。

きちんとしたものができるまで、発明、再発明を粘り強く続けること

「問題に遭遇した場合、我々は、あちらかこちらかという考え方を絶対にしません。両方が得られる方法を見つけるのです。できると信じて努力すれば、どのような箱からでも出られるのです。」

キンドルとかはこの象徴的な例。

長期的に考えること

Amazonは利益度外視でとりあえずシェアを広げることを第一目的とした経営を行っていた。そのほうが、他企業があとから参入できないようにしていた。
#ドットコムバブルが終わって株価が急落したときは、利益創出の経営に切り替えたが、その一方で市場開拓の活動はやめなかった。
スタートアップだと短期的な視点(未来は分からないから仮説検証で。)がちだが、ちゃんと長期的な視点で「世界をどう変えたいか?」「会社をどうしたいか?」の視点が大切。

「毎日が初日」である

進む先には新しい課題がある、検討すべき新しいアイデアがある、また、新しい方向性もある。優れたアントレプレナーはそういうものだが、ベゾスの仕事がなんの変哲もなくなったり退屈になったりすることはない。彼が自分の会社を完成品だと考える日は来ないのだ。



単純な哲学だけど、普段なかなか考えられていないことばかり(;´Д`)ちゃんと意識しないと。