読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なみひらブログ

学んだことを日々記録する。~ since 2012/06/24 ~

変化する日常を受け入れる

品質 書籍

下記の本に、「変化に対する心構え」について記載があったのでメモします。

人月の神話―狼人間を撃つ銀の弾はない (Professional Computing Series)

人月の神話―狼人間を撃つ銀の弾はない (Professional Computing Series)

  • 作者: フレデリック・P,Jr.ブルックス,Frederick Phillips,Jr. Brooks,滝沢徹,富沢昇,牧野祐子
  • 出版社/メーカー: アジソンウェスレイパブリッシャーズジャパン
  • 発売日: 1996/02
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 126回
  • この商品を含むブログ (45件) を見る

 パイロットシステムを作成し、破棄しなければならないこと、そしてアイデアを変えてのデザインのし直しは避けられないことに気が付くと、あらゆる現象の変化に対峙できるようになる。第1ステップは、変化を不運で厄介な例外としてではなく、日常的なものとして受け入れることだ。

(中略)

変更はないなどと想定するより、あると思って準備しておいた方がよい。目的の変更ばかりでなく、開発の戦略や技術の変更も避けられない。捨石の考え方は、人は理解が進めばデザインを変更する、という事実をまさに受け入れることなのだ。

仮設実証結果により、プロダクトへの要求が変更になることは現在良くあることです。それを受け入れて、「変更に強い」という観点でソフトウェアを作りたいです。